2013年12月31日

いろいろあった2013年

2013年もいろんなことがありました。
春だいすき.jpg
いちご狩り〜お花見
リン 進行性網膜萎縮判明


川大好き.jpg
白馬・軽井沢旅行〜福地渓谷水遊び
ノア 避妊手術


ずっと頑張っていること、初めてチャレンジしたこと、
秋深し.jpg
紅葉狩り〜山登り
リン 椎間板ヘルニア発症


冬の楽しみ.jpg
温水プール〜雪遊び〜マッサージ

また来年に楽しく繋げていこう♪
アジアジ〜.jpg
グランドアジリティーチャンピオン(GAG.CH) 取得
初 団体戦3席

今年、最後の競技会
'13.11.24 近畿ブロックアジリティ競技会 @滋賀 ドラハ

うぅ〜、なんだこのS字にぐにゃぐにゃ導くハンドリング・・・
ハンドラー足腰鍛えて動かして、最適な飛ばせるポジション確保できるように頑張らないとね。
ノア、いつも文句言わずにありがとう。

JP3 失格
AG3 全長180m タイム42.16秒 CR 10席/147頭


今年、お世話になった皆様に感謝です。
よいお年をお迎えくださいm(__)m

posted by トモ at 00:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

リン 椎間板ヘルニアと脊髄炎 手術〜1ヶ月

よくなってほんとよかった.jpg

2年ほど前、軽度のヘルニアになりお薬で様子をみたことがありました。
近所の獣医さんの見解では、お薬でおさまってくれたからこれ以上ひどくなることはないし、安心して生活して下さいとのことでした。

ダックスという犬種は椎間板ヘルニアにとてもなりやすい体型のため、私たちも考えられるあらゆることに注意し生活しています。
アジリティはその時点できっぱり卒業し、体力づくりで山に出かけても急な階段のようなところはすべて抱っこ、抱き方は平行に、夏は泳ぎにつれていき、ドッグマッサージには定期的に通って、部屋中の床はコルク張り、ベッドの上り下りはスロープを利用させ、グルコサミン・コンドロイチン配合サプリはずいぶん前から与えてました。
それでも、なるときはなるんですよね・・・

少し寒さが厳しくなってきた11月中旬、朝の排泄(うん○)をし終えた瞬間、悲痛な叫び声をあげて後ろ足が全く動かない状態となりました。
この日はノアとアジ練にいこうとしてた日で、いつものように出かける前に排泄させてた時のことでした。
今まで聞いたことがない狂った叫び声をあげ、すぐに獣医さんへ連れて行きました。
診察は椎間板ヘルニアだろうとのことでしたが、ダックスの場合、それ以外の病気も疑われるためCTだけでは不十分とのことでMRIをすすめられ、他のMRIのある病院と連携で、当日手術となりました。

血液検査、レントゲン、CT、MRIからの総合的診断から病名は椎間板ヘルニアと脊髄炎。
椎間板ヘルニアはグレード4.5〜5(5段階)。かなりの重症で、これだと悠長に内科的治療だけで様子をみてると手遅れになる恐れがあり、手術という選択になりました。
厄介なのが脊髄炎で、椎間板ヘルニアだけなら手術で骨を削れば痛みを取り除くことができるのですが、脊髄炎があると麻痺が残ったり、そこから軟化症という神経が壊死していく死の病を患う恐れもあると説明を受けました。
ヘルニアは他にもまだ1箇所あったり、MRIやCTから全身検査が行われたので胆石があることも知りました。



この日から1ヶ月、あっという間でした。

グレード4.5〜5の状態だと手術をしても良くなる保証はなく、リハビリを頑張っても4,5ヶ月は大変な状態を覚悟してくださいと言われていたので、ノアとのアジ練やレッスン、競技会はほとんどキャンセルをしました。
食べること、排泄すること、立つこと、歩くこと、走ること、遊ぶこと、お散歩をすること、吠えること、当たり前だったことが一気にできなくなりました。
けれども、リンの驚異的な回復力のおかげで大変だったのは2週間ほどでした。
日々のリハビリもちゃんと積み重ねてきたら1つ1つ元通りできるようになり、今ではほぼ前と変わらないくらい元気な状態となり、元通りの生活に戻りつつあります。
発症から24時間以内で的確な手術をしてくださり、術後すぐにリハビリに取り組んで下さった動物病院のスタッフの方々のおかげで、麻痺が残ったり軟化症併発も免れました。

いろいろあったけどこういう病気になってしまった時に、たくましく育てておくこと(体力面やオビ)はとっても重要だということも身にしました。
リンでできてないことは倍苦労してるし、リンなりにできるようにしてきたことはとっても役に立ちました。これからも健康第一で、そしてお互いが快適な生活になるよう学ぶことから逃げずに過ごしていきたいと感じました。

来年、あと数ヶ月で10歳のリン爺。人の年齢に換算すると60代?!
飼い主の年齢を通り越して、もうおじーちゃんなんだよねー
しっかりしたお兄ちゃんになる前に、わがままなおじーちゃんになってしまった。。。
これからのシニア期、まだまだ向き合っていかなければならない病気もありそうですが、その時できることをちゃんと考え、選択して向き合っていこうと思います。

今月は温水プールやスウェーデン式マッサージもようやく解禁です。
プールやマッサージはノアも楽しんでくれることだから、2人のいい笑顔を見ながら新年を迎えることができそうです。

担当してくださった2つの動物病院の獣医さん&スタッフの方々、リンを心配してあたたかく支えてくれたお友達のおかげで、今回は随分強い飼い主で対応できました。心から感謝してます。本当にありがとうございました。


術後経過記録続きを読む
posted by トモ at 08:26| リン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。